2009年10月14日

日米欧のマネタリーベース推移

そういえば、本ブログでは「マネタリーベース」については一度も登場していなかったと思うので、今日はこの「マネタリーベース」について見てみよう。


cashflow_structure.jpg
まず「マネタリーベース」の説明の前に、お金の流通の仕組みについて説明する必要があるので、↑にそれを示します。日本の場合、通貨発行権があるのは日本銀行のみです。まず日本銀行はお金を刷って、民間銀行に流通させる。(実際の日銀と民間銀行のお金のやり取りは、「日銀当座預金」という利子の付かない口座を通して行われる)そして、民間銀行を通して広く日本の社会全体に現金が流通する仕組みになっている。
ここで、マネタリーベースとは「社会に出回っているお札/貨幣の総額」と「それぞれの民間銀行の日銀当座預金の残高」の合計の事である。つまるところマネタリーベースとは、日銀が社会に供給するお金の総額であって、これを基にしてその何倍もの額の経済活動を循環させているわけです。

さて、今日はここ最近の日米欧のマネタリーベースの額を追っていきましょう。日本経済は欧米経済と比較すると、非常に健全である事がマネタリーベースからわかります。


world_monetary-base.jpg
という事で、↑が日米欧の2008年1月〜2009年9月のマネタリーベースの推移となります。
アメリカのマネタリーベースは、リーマンショックから半年も経過しないうちに2倍以上に上がりました。社会に供給するお金の総額が2倍になったという事は、普通に考えると2倍のインフレが起きそうなものですが、まだアメリカにそこまでのインフレは起きていません。(ここ最近の消費者物価指数を見ると、ようやくデフレが止まった状態)
これは何故かと言うと、マネタリーベースは増加しているけれども、そのお金が循環しない(民間銀行から先にお金が流通しない)という、まさにバランスシート不況論に行き着きます。この辺りは、「マネタリーベース」と「マネーサプライ」のそれぞれの増加率を比較すれば一目瞭然なのですが、「マネーサプライ」については話が長くなるので、また後日に回しましょう。

いずれにしても、今のアメリカは
@マネタリーベースがリーマンショック以降で2倍になった。
Aしかしながらインフレが起きていない
という2点から、「資金不足」が問題なのではなく民間銀行から先の「資金循環」に問題のある事が推測されるわけです。逆に言うと、「資金循環」の問題さえ解決すれば、アメリカはすぐにインフレになるのではないでしょうか?確かに、FRBが出口戦略をどうのこうのというニュースを見ていて、「おいおい、まだまだ景気がジリ貧の状態で何を寝ぼけた事言ってるんだ?」と思っていましたが、確かにアメリカはインフレの下地が出来ているのかもしれません。(マネタリーベースが全て市中に出回るわけではありませんが)

一方EUの方も、アメリカ程ではないにしろ、マネタリーベースがリーマンショック前から3割程度増加しています。アメリカよりも、むしろEUの方が金融ショックの痛手が大きいと言われているので、「EUの方こそ、民間へジャブジャブに資金供給しなければいけなかったのでは?」と、個人的には意外に感じます。(確かに、EUはアメリカ程の本格的な量的緩和をしていないと言う事もあるとは思いますが)

そして、日本のマネタリーベースはさほど増加していません。欧米では、リーマンショックにより投資資金の回収と共に、相当な金額が現金化され一気に現金需要が急増したのでしょうが、日本の資金回収はそこまでひどくはなかったという事でしょう。
ただ、欧米のマネタリーベースが増加傾向を示す一方で、日本はほとんど変化が無いわけなので、しばらくは円安になる事は無さそうですし、アメリカと違ってインフレの下地ができているわけでもありません。
むしろ日本の場合は、デフレさえ何とかすれば、ある程度良好な経済/金融状態が取り戻せるはずなのですが、アメリカやEUの場合はすでに正常ではない部分(「マネタリーベース」「金融機関のバランスシート」「家計負債の多さ」「国債の利回り」等々)が複数あるために、どれかを無理やり回復させようとすると、どこかが破綻しかねません。今はまだ、アメリカもEUも何とかするだけの財政的余裕がありますが、世界景気が回復する前にこれが尽きるとなると……。いやいや、あまり考えたくないですね。(笑)


そして次回(1週間後くらいを予定)は「通貨供給量(マネーサプライ)」の方の数字を追ってみたいと思います。



今日のエントリーで、「なるほど」「ふむふむ」「面白い」などと思ってくれた方で、一票を頂ける方は是非ともお願いします。↓
人気ブログランキングへ
posted by きらっち at 22:17| Comment(1) | TrackBack(1) | 経済
この記事へのコメント
ここの「あや」は誰とでもセクスする悪い子(/∀\*)) http://b8y.in/
Posted by ゆきこ at 2012年09月21日 06:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32919107

この記事へのトラックバック

DOW 10K-2.0 NY株式市場1万ドルの大台突破
Excerpt:  ||| ダウ平均株価1万ドル突破 |||  ニューヨーク株式市場ダウ相場、14日水曜の終値 1万ドルの大台を突破  米国経済再建を裏づける景気回復兆候の一環、住宅不動産市場も上向きに ..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-10-15 21:54