2009年12月02日

みんなで一番効果的な消費刺激策を考えよう

【需給ギャップ解消が重要=鳩山首相】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009112001044

上記の記事によると、
首相は「コンクリートをどんとやるような、昔風の経済政策ではない、もっと賢いやり方の経済刺激(策)を作りあげていく」と、財政規律を重視する姿勢を強調。「エコポイントなどで、国民の(消費への)関心を高くすることができ、エコ化も実現できている」と述べ、投資効果が大きい対策が必要だとの認識を示した。
との事だけど、やはり菅副総理も鳩山総理もあんまり経済の事をわかっていないのではないでしょうか?二人とも理系出身だけあって、理に適った経済政策を打ってくれるのかと思いきや、どうも斜め上の方向を見てるよなぁ……。
というのも、「食料」とか「日用品」みたいに、1回購入したらすぐに使い切ってしまう「非耐久消費財」ならまだしも、エコポイントの対象になっている「家電」や「自動車」みたいな寿命の長い「耐久消費財」の場合は、「需要の先食い」によって今は消費量が一時的に増えている可能性があるのでは?
おそらく「エコポイント」が政策として、今のところ上手く機能しているのは、まだ始めたばかりというところが大きくて、来年度以降に同じ程度の消費効果が期待できるのかというと、俺は多少の疑問を感じます。そしてこのエコポイントも、制度終了後の一定期間は家電や自動車の買い控えの起こる可能性も考えられるので、「ある程度の出口戦略を考えた方が良いのではないか」と、思ったりもします。

個人的には、日本の家計貯蓄(1400兆円)の大半を抱えている老人達をターゲットにするのが一番効率的に消費を増やせると思うので、若者向けの「家電」「自動車」等の「耐久消費財」にエコポイントを充てるのではなく、「非耐久消費財」にエコポイントを充ててみるのはどうでしょうか?
例えば、スーパー等々などで「地元産の野菜」とか「地元のお土産」等にエコポイントを付けるとかね(商品の輸送等における環境負荷を考えると、地元産の物は間違いなく環境にも良いでしょうしね)。さらにエコポイントで医療費の支払いができる事にしてしまえば、それなりに老人が食いついてくるかなぁ……。いずれにしても、「非耐久消費財」を焦点に当てるのであれば、製品寿命が短いので「需要の先食い効果」も抑えられるのではないでしょうか。(とは言うものの、果たして現実的に可能な施策かどうかという視点も大事なところではありますが……。)


【追加経済対策、「環境」で消費刺激 住宅版エコポイント導入へ】
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/2009shuin/elecnews/20091120AS3S2002620112009.html

あとは、↑の住宅版エコポイント制度をやるのであれば、相乗効果の期待できる「家具」等にも、エコポイントや何らかの消費刺激策を考えたらどうでしょうか。この辺りは、むしろ民間業者にアイデアを募らせれば、いろいろと良い意見が取り入れられそうですけどね。
経済や経営に対する知識の無い政治家が独断で決めるよりも、この辺りは民間企業の方がノウハウを持っているだろうから、現政権は「国民」だけでなく「業界」の声も聞いた方が良いとは思うけどなぁ……。



今日のエントリーで、「なるほど」「ふむふむ」「面白い」などと思ってくれた方で、一票を頂ける方は是非ともお願いします。↓
人気ブログランキングへ
posted by きらっち at 12:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治
この記事へのコメント
経済は大企業やってくれる、うちは知らん。
BS?衛星放送のことか?
マクロ経済?マグロと関係あるの?
とか宣っても私は別に驚きません。
Posted by あかさたな at 2009年12月02日 20:19
>あかさたなさん
まさか本当にそういう会話をしてるとは思いたくないですねぇ。(笑)
「よくわからないからあとは任せた」と官僚側に投げていない事を祈ります……。
Posted by きらっち at 2009年12月02日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33971228

この記事へのトラックバック

家具高価買取リサイクルショップ販売の情報
Excerpt: 家具高価買取リサイクルショップ販売の情報です。
Weblog: 家具高価買取リサイクルショップ販売の情報
Tracked: 2009-12-03 11:56

家電リサイクルショップ高価買取販売の情報
Excerpt: 家電リサイクルショップ高価買取販売の情報です。
Weblog: 家電リサイクルショップ高価買取販売の情報
Tracked: 2009-12-03 13:58