2010年01月07日

これほど経済を無視する内閣だとは……

【「官僚の士気下がっている」次官が不満の声】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100105-OYT1T01182.htm

俺個人としては、仕事のやり方が変わる事に対しては別に良いと思います。ただし、それは「正しい政策を実行するのであれば」という条件付の話であって、残念ながら今の政権がその条件を満たしているとは思えません。
少なくとも、政権与党であれば長期的な日本のビジョンを示して欲しいものですが、現政権の今までの仕事ぶりを察するに、短期的な事しか考えていないと思わざるを得ない場面が多々あるんですよねぇ。


【民主・経済界、縮まらぬ距離 労組の蜜月と対照的】
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100106AT3S0501W05012010.html

そして、経済界も民主党を支持できないわけです。まぁ今までの民主党の経済政策を見れば当然でしょうね。民主党は、この金融不況かつデフレの状況下で「家計を支援すれば景気が良くなる」と本気で思い込んでる節があるので、経済界の人とはそもそも宗教が違うくらいに思想の隔たりがあると思います。


【子ども手当:11市「地方負担応じぬ」…東海70市を調査】
http://124.83.183.242/select/seiji/news/20091226k0000m010153000c.html

しかも、子供手当てを地方の意向を無視して決めたことにより、地方自治体との関係も悪化しました。そりゃそうでしょうね。選挙前は、地方負担せずに国費でやるって言ってたのに、財源が確保できそうも無いので地方に無理やり押し付けたわけですし。
しかも、民主党の強い東海地方ですら、70市のうちで53市が反対してるので、結構強烈な結果ですよねぇ。


官僚にはそっぽを向かれて、経済界との距離も縮まず、地方自治体からも反発が出ているわけで、今の政権はどのように国をまとめていけるんでしょうか?結局、民主党の応援団は家計部門に近い人達だけなので、支持率が落ちたらあっという間に「坂道を転がるが如く」になりそうな気もします。

【首相:財務相に菅副総理、経済財政も兼務−藤井氏辞任了承】
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aDzxR.AdOeMQ

そして今入ってきた↑のニュースですが、よりによってこの人に「財務大臣」と「経済財政担当大臣」を兼務させたらさすがにマズイでしょ?!今までの菅副総理の発言から察するに、「緊縮財政と大増税路線で需要を増やす」って本気で考えるような人ですよ?!
お願いだから首相はもっと真面目に人選してくれよ、マジで……。



今日のエントリーで、「なるほど」「ふむふむ」「面白い」などと思ってくれた方で、一票を頂ける方は是非ともお願いします。↓
人気ブログランキングへ
posted by きらっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
民主党の議員さんのほとんどは素人さんなのですから、重要なポストは官僚に任せて欲しいと思います。だいたい藤井さんを選んだのは、他に経済の分かる人が議員にいないというのがその理由だったはず。
官僚はダメとか意地を張らずに、この際、お国のためですから、そのスジのプロを据えるべきですね。
分からないとき手遅れにならないうちに、聞くは一時の恥、聞かぬは末代までの、、、恥で済む問題じゃないし。
Posted by ゆきちゃん at 2010年01月06日 22:31
ところが、民主党というのはそれやると「官僚に取り込まれる」と宣うんですよねえ。

どうやら国民目線の政治という国民ってワイドショーを見る人々のようです。
Posted by あかさたな at 2010年01月07日 10:24
そうなんです。
今回民主党に投票した人の中には日頃から政治経済に無知識の人たちが多いからね。
Posted by ゆきちゃん at 2010年01月07日 19:37
>あかさたなさん
>ゆきちゃんさん
そもそも、菅さんは官僚の言う事を聞かずに、自分を貫けるんですかね?仮に貫いてしまったら、国会答弁とかでボロボロに突っ込まれることを密かに期待してるのですが……。(笑)
Posted by きらっち at 2010年01月08日 03:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34595293

この記事へのトラックバック