2010年02月13日

安かろう悪かろう

実は自分の持っている仕事で、外部に発注する案件があります。今問題になっている天下りしている財団法人への発注とかではなく、いたって普通の発注案件なのですが、非常にやっかいな事に頭を悩ませています。

役所が発注する業務は、特段の理由(「特許」とか、「その会社でしかできない」等々)が無い限りは、役所側の意思で受注者を決める随意契約ではなく、競争入札(価格競争する事により、一番安く請け負う会社が受注する)を行う事になるわけです。

当然、自分の持っている発注案件は随意契約ではなく、競争入札によって受注会社が決定したのですが、この会社があまりまともな仕事をしないので、非常に困ってるんですよ。入札結果を見た時は「おっ、こんなに安く受注してくれる会社があるんだ。」と思って嬉しかったわけですが、実際に仕事をやらせたら仕様書に書いてある事すらまともにできずに、毎日毎日こちらが指示を出していて、他の仕事がまともに進まなくなっているわけです。


最近はこのように、「安く受注したは良いけど、まともな仕事をしない会社が増えている」と他の部署の人も言っていたけど、こういう現象もデフレの要因になる一つなんですよねぇ。同品質で値段が下がるならまだしも、品質も値段も下がるようだと役所側としては非常に困ってしまいます。
さらについ最近、年度末が近づきもう発注ができなくなるにもかかわらず、12月終わりにある案件を格安で受注した会社が「やっぱりこの業務はできません」と言ってきて、他の部署の担当者がカンカンに怒ってた事もあったなぁ……。(笑)


やはり、実際の担当者としては、こういう「安かろう悪かろう」の会社とはあまり付き合いたくないものです。



今日のエントリーで、「なるほど」「ふむふむ」「面白い」などと思ってくれた方で、一票を頂ける方は是非ともお願いします。↓
人気ブログランキングへ
posted by きらっち at 00:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
いますね、実績作りたいのか分からないけどそうゆう輩がw自分の実家は入札する方ですが、その「恐るべきニューカマー」にやられてますw技術もない人員も居ない納期も守れない、結果入札したは良いけど納められないw競争主義も行き過ぎると良くないですね・・・・
Posted by poop at 2010年02月13日 05:13
>poopさん
そうなんですよ。「きちんとした仕事をする会社が仕事をもらえずに、まともな仕事をできない会社が仕事をもらえる」というのは、非常に納得のいかないところです。これは、確かにきちんと考えなくてはいけない問題ではあるんですよね。

もっとも、「発注仕様書の書き方が悪い」等々の発注者側問題が多々あるのも事実なのですが……
Posted by きらっち at 2010年02月14日 00:38
>きらっちさん
レスありがとうございます。
ツイッターも見てますよ〜
Posted by poop at 2010年02月15日 05:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35286314

この記事へのトラックバック