2010年02月14日

そろそろ世論を直視してよ

@【内閣不支持45%、支持36%=内閣発足後、初の逆転−時事世論調査】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010021200945

A【支持率下落、迫る危険水域=小沢氏の進退再燃も−時事世論調査】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021201041

B【「小沢氏不起訴は不当」 検察審査会に市民団体申し立て】
http://www.asahi.com/national/update/0213/TKY201002120497.html

そりゃそうだ。「検察から起訴されらなきゃ、責任を取る必要は無い」なんて言ってるから、こんな事になるんですよ。そもそも今回のケースで小沢幹事長は、「法的な責任の取り方」はまだしも、「道義的な責任」については「無い」と断言してるようなものです。そりゃ、首相を凌ぐほどの政権与党の権力者がこんな事を言えば、国民だって支持しませんよ。とはいうものの、民主党のこの状態ですら36%も支持している人がいるという事に、俺はすごい驚いてしまうのですが。(笑)
まぁもっとも、「イメージ」を象徴する「金の問題」と、「実質の仕事」を象徴する「政策実行」の問題は、切り離して考えるべきです。俺個人の感覚では、「イメージ」が悪くても、きちんとした仕事をすればそれなりに評価しても良いとは思います。ところが今の民主党の場合は、「イメージ」も悪いし「実質の仕事」もろくな事をしていないので、まったくどうしようもないですね。(笑)多少の評価ができるのは、「事業仕分け」くらいかな?


という事で、民主党が参議院選挙で勝つためにはどうすれば良いかを考えたのですが、おそらく民主党が支持率で鍵を握りそうなのは、以下の6つあたりじゃないでしょうかね?

【支持率上昇要因】
1.子ども手当ての支給(6月予定)
2.高速道路無料化(6月予定)
3.特殊法人仕分け(来年度(4月?)予定)

【支持率減少要因】
4.外国人参政権(強行突破?)
5.普天間問題(5月決着予定)
6.政治と金問題(随時進展ありそう)

いやぁ、1.と2.の両方が選挙直前の6月って事で苦しいのでは?その頃までにまともな支持率を保っていれば、勝つための最後の一手として、1.と2.は有効かもしれませんけどね。ただ、今のまま行けば、5.あたりをきっかけに参議院選挙まで政権がもたない可能性もあるしなぁ……。
そして舛添さんも、5.の時期で民主党批判の盛り上がった頃を見計らって新党作るんじゃないでしょうかね?ちょうどその頃に、Cの記事にあるように検察審査会で小沢幹事長が「起訴」というタイミングが重なれば、完全に選挙に負けちゃいそうな気もしますが……。

やはり、民主党は「鳩山首相が普天間移設を諦める決断をした上で首相を辞職」「民主党の若手を中心とした内閣を組閣」「小沢幹事長に議員辞職(離党)勧告を突きつける」「外国人参政権はとりあえず白紙」という事を同時にやらないと、ウルトラ逆転Cは難しいんじゃないのかなぁ……。それに加えて「まともな経済政策を打ち出す」という事であれば、俺も真剣に一票を入れるか迷うかもしれませんけど……



党内では首相より権力のある人による独裁状況が続いているし、まぁ無理でしょうね。(笑)



今日のエントリーで、「なるほど」「ふむふむ」「面白い」などと思ってくれた方で、一票を頂ける方は是非ともお願いします。↓
人気ブログランキングへ
posted by きらっち at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
わたしも鳩山さんは6月まで持たないと思いますね。
もうクタクタになって、「総理の仕事を引き受けるのじゃなかった」という顔で、辞める前の安倍さんの顔に似てきました。
普天間移設が失敗して責任を取って辞めるか、健康を理由に普天間の結論を出す前に投げ出すか、と言うところでしょう。
Posted by ゆきちゃん at 2010年02月14日 22:04
>ゆきちゃんさん
例の幹事長が辞めない限り、ポスト鳩山が誰であろうとあまり変わらないような気がしますねぇ。
逆に万が一にでも、若手の誰かが首相になって小沢幹事長を辞めさせられたら、自民党が完全に消滅しそうな気もしますが、現実的には「菅首相」辺りなんですかねぇ……
Posted by きらっち at 2010年02月14日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35301137

この記事へのトラックバック